海外飛び出すことになったブログ

やっと海外行きが決定しました。ミーハーな海外フリークがthinkとdoをこつこつ記録します。

マラウイの省庁まとめ(ころころ変わらないで、、!)

マラウイの省庁について!

 

今までかなりドメスティックな生活を日本で送ってきた身としては、ある人が「海外のある国に数年住んだ」という経歴を聞けば、『その人はその国の政治、文化、言語などなどすべてわかってるんだろー!』というイメージをしてました。

 

しかしふと自分を顧みると。半年マラウイに住んだのに、全然何も説明できない、、、!情けないので自分の脳内に刻み込むためにまとめます。

 

まずは日本の○○省について!

f:id:locayrica:20171211203532p:plain

政府広報オンラインより)

日本では大きな柱が変わることはあまりないと思います。あとググった時に出てくる情報の量、質がさすが、、先進国、、、(笑) 今は17セクションあります。

 

一方のマラウイの省庁。正式な日本語訳があるかどうか知らないので、自分で適当に訳をつけておきます。

The Government of the Republic of Malawi has the following Ministries:

(Malawi Governmentホームページより)

国の機構としては、こんな構成になっています。わりところころ再編するらしく、少し古い資料を見ると全然違ったりして混乱します。今は18セクションです。これは日本と同じくらいですね。

 

赤くしたところは日本と違うなーと思えたところです。以下、3つコメント付します。

 

<外務・国際協力省>

これはいかにもマラウイらしいなーと思います。というのも、国家予算の40%を海外からの支援金で賄っているため、諸外国との関係は非常に重要です。街中でも国連、日本、国際NGOのマークを掲げた車や道具や布など、しょっちゅうみかけます。

IMFのレポートによると国民の50.7%が貧困ライン以下。国民からの税金はなかなか期待できないだろうし、日本のように国債発行したとしても信用の問題はあるし、国民は投資する余裕ないし、、難しいところです。さらに権力者の汚職で財源が消えていくとなれば、、

 

市民教育・文化・コミュニティ開発省

「コミュニティ開発」というワード自体、日本では耳慣れない言葉だと思います。少なくとも自分は協力隊に応募するまで知りませんでした。

こっちではメジャーな言葉で、「なんでマラウイ来たの?」「コミュニティ開発だよ」と答えるとマラウイ人もわかってくれます。マイクロファイナンス機関に勤める友人も、コミュニティ開発学部の卒業だと言っていました。

 

日本で言えば、地域おこしのようなイメージになるかと思いますが、状況は全く違う。日本の地方の問題は、高齢化が進み、働き手がいない、経済は縮小していく一方、それをどう盛り上げていくか、、、ってなところでしょう。

(地域おこしについてはこの本がおすすめです。)

 

一方マラウイの農村部では、家がかやぶきや木で壊れやすい、安定した収入源がない、識字率が低い、リーダーシップをとれる人がいない、貯蓄・投資などの基本的な知識がなくて無計画にお金つかっちゃう、栄養バランスだめだめ、、、などの問題が山積しています。それを改善するのがコミュニティ開発です。

家建築プロジェクトで政府が半額負担したり、村人に協力してもらって識字教室を開いたり、グループを作って新しい収入源(パン作りetc)を模索したり、家計簿のつけ方を教えたり。

 

協力隊のコミュニティ開発は無資格で応募できる職種、とよく言われますが、日本人なら当然のように知っているレベルの知識・経験を伝授するからだと思います。でもpoorest of the poorest(いっっちばん貧しい人)に直接リーチして、日本の学校で教えてもらったことや仕事で会得したことを伝える、とてもやりがいのある仕事やなーと感じています。

 

<農業・灌漑・水開発省>

農業にほぼほれることなく育ってきたので、灌漑というワードを覚えたのは中学の歴史授業だったかな、、メソポタミア文明で人工的な灌漑設備を作って収穫量激増!ってやつ。

なんと、マラウイでは今でも灌漑率たったの数%らしいです!「灌漑がないなら、ため池とかの水をくんでくるの?」と質問してしまった自分。(無知すぎて恥ずかしい。)いや、「灌漑がない」=「水路も池もない。降ってくる雨だけで作物育てる!」ってことです。

現地に来て初めて実感したけど、灌漑ってものすごいインパクがあるんです。私の任地では、海外の支援で灌漑設備(超レア)をつくったところがありました。

そこでは乾季のまっただ中でも、メイズ(とうもろこし)が青々と茂っていました。

 

しかし灌漑のないほとんどのマラウイの畑では、雨の降らない時期は何にも育てていません。景色としても、ただの荒れ地(;;)農業に頼って生きているはずなのに、何も育ててない時期があるって、、なんだこの自然に左右されまくりな状況は、、、!とかなり驚きました。

 

ということで、国をあげて灌漑を普及しようとしている姿勢が見受けられます。

 

~~~

 

日々の生活の中では、マラウイを国としてのマクロな視点でみることがあまりないので、意識的に勉強していこうと思います。終わり。

ストレス日記と対策リスト

ストレスばっかたまって憤死しそうだけど、少しだけ行動したら少しだけよい方向に進んで、少なくとも精神衛生上すーっと?したので、自分にエール送るためにちょこっと書こうと思います。
ネガティブ暴発注意。

 

【What makes me EXHAUSTED most in my life】

 

1. 男性が本当に本当に本当に本当に鬱陶しい


マラウイの男性は外国人(肌の白、黄色の人)を見ると反射的にHow old are you? Are you married? Do you have a boyfriend? I want a girl friend. I need to know your number. と言ってきます。これは定型文です。英語がしゃべれんくてもこれと同様の現地語を並べ立ててきます。1日1回は必ず言われます。平均3回ぐらいだろうか。いや盛りました。

 

あ、もとい、マラウイ人男性というかパキスタン男性にも全く同じハラスメントを受けているので、なんやろもう日本人の知り合い以外全員男は敵!!みたいに思えてます。まじで。

 

で、最初はまじめに質問に答えて、失礼にあたらないようにやんわり話をそらしてました。でも、もう我慢できん死ぬ

 

答える義務はまじでない。真実を語る義務もない。そもそも向こうが無礼をかましてきとるから、失礼にあたろうが言い返す正当防衛が認められるべき。日本の慣習ではプライバシーを大切にするし、これ完全にセクシャルハラスメントとして法律問題になるようなこと。郷に入ればなんとやら?知らん!!!本音と建前つかいわける?知らん!!!!

 

ずーっといろんな人に愚痴を聞いてもらったり返し方を教えてもらったりしてきた。でもコミュ障な自分はなんやかんやでいつもthe日本人的返しをしてきた。しかーし!実戦で使ってみることをここに宣言します。もう相手の気持ちとか考えない。以下のフレーズを1日10回ずつ音読します。

 

・It's impolite to ask. Sexual harrasment.
・Seacret.
・I don't want to answer.
・I'm not interested in you. I don't like you. You are not my taste.
・Shut up. Go away.

 

頭の回転が遅いし議論が苦手なので、頭悪そうな人にすら簡単に論破されてしまうのですが、もう一生年齢とかmarital statusとか答えない。あーもうアフリカ大地溝帯のもくずとなってくれ。

 

〈イメージトレーニング1〉
パキ:  You are my sweetheart!! Beautiful sweetheart!!
自分:  Please stop saying like that. That makes me so tired and makes me even hate you.


〈イメージトレーニング2〉
マラウイ:  How old are you?
自分:  だまれ。Why do all the malawian guys ask me my age? It's so rude. You are harrassing me. You can be sued for sexal harrassment.  ほんまだまれ。どっかいけ。

 

てことで、
問題 男性がうざすぎる
→対策 本音で拒絶しよう!


2. 外国人慣れしてない現地人がしんどい

もう言葉を選ばずに汚い言葉でぐわぁぁっと罵りたいのですが。
街を歩くだけで大人から子供まで、男性も女性も全員、文字どおり全員がこちらを凝視してきます。首都ならちらっと見てきて、こっちが視線を返すとふっと目をそらす、というのがよくあるのですが、地方ではガン見、加えて「アズングーーー!!(外国人)」「チャンチューン!!!!(中国人)」コールが止みません。ほんで「うわ!アズングがチェワ語しゃべった!キャーッハッハッハ!!!!」とかいうのを永遠に飽きもせず続けています。暇なの?でしょうね。

 

問題 現地人がガイジンガイジンうっさい
→解決策 余裕ないときはためらわずに罵ろう。そして罵った自分に絶望しないように努めよう。

 

3.  お金のわりとある職場の同僚にまでbegされる


これはだいぶショックでした。同僚は大卒やし英語もしゃべれるし大好きやし理解者やと思ってたのに、あんたまで私にたかろうとしてくるんかーーい!って。

 

道端の人とは違って、本音を言って関係崩壊すると後々厄介。なんでこういうこと言うんだろう?とぐるぐる考え込んでしまうと立ち直れなくなりそうだった。。本音を言わなすぎるなーって自分を観察していて思ったので、イメトレで強くなって実戦にそなえようと思います。

 

〈イメトレ〉
同僚:  Ndili ndi njala. I'm hungry. Starving. Share your money.
自分:  Sorry. I don't have money to share with you. 

 

問題 同僚にもベッグされる
→対策 シェアするお金はないとはっきり伝えよう。


4. 物のクオリティが劇的に低い


これは否めないしオブラートにも包めないんですが、もうクオリティ低い。大小あらゆるものすべてといっても過言じゃない。これは古い物を大事に使っている結果でもあるので、良し悪しは別にしたいのですが、先進国に慣れてしまった自分には、積み重なって精神を病ませる要因のひとつです。

 

書きつらねてすっきりしようと思ったのですが、ありすぎて無理だ。笑 とりあえず耐え難いものだけ。

 

建物(脱衣場が窓の外から丸見え構造、プライバシー概念なし、扉の隙間から虫も砂も全部はいってくる、窓がしまらない、鍵が壊れている、鍵自体も外から中からつっこんで回さないといけない、網戸破れてる)

 

虫、獣(ハエが多すぎて自分の回りをぶんぶん飛ぶ、蟻が食事プレートにのってくる、ハチが巣を作りすぎて危険、マラリアもってる蚊と一年中戦、羽虫の大量発生、こうもりぶつかってくる、カエル侵入してくる、犬猫は狂犬病ある)

 

食べ物(バリエーションがない、食べ物自体はけっこうおいしい♪)

 

他の日本人に聞くと「慣れるよ」「鈍感になるよ」というアドバイスがよくあるもので、実際正しいんですが、すべてを鈍感力で補うのは不可能。先進国で30年くらい生きてしまってますから。そこはもう、コツコツ自分で行動を起こして改善していくのが一番だと発見しました。

 

ほんまに小さなことやけど、例えば網戸に穴あいてたらセロハンテープはりつけて穴をふさいだり、外から丸見えなら布で目隠ししたり、食事が単調ならいっしょに口にいれる組み合わせを変えてみたり。

 

品質の高いものが手にはいればそれが理想ですが、譲れないもの以外は素人レベルの補強でも試してみると全然ちがいます。

 

問題 物のクオリティが低い
→対策 自分でもできる小さな行動を起こそう。

 

ーーーーーーーーー
以上、むきーっとただただイラついていたところから、ちょっと前進したい気持ちをこめてまとめてみました。あー頑張れ自分!

生活していて気づいたマラウィアンと日本人の類似点を絞り出してみる

日常は何か考えているようで何も考えてなくて日々が過ぎていく、、形に残すとああ自分この世に存在してたんだな、と認識できるのでやっぱ書いて残そうと決意。

 

マラウイの人たち、最初の方は日本人と違うところばっかりが目についてしゃーなかったけど、たまーに、ごくたまに「あ、一緒やん!!」って思う点があります。

 

それをメモ。

 

1. 否定疑問文に対する返しが日本語と同じ

私にとって一番はじめに習った外国語は英語で、否定疑問文とか付加疑問文の返し方がすごい苦手でした。

よくあるのが

"Don't you mind me opening the window?"

「私が窓を開けるのをあなたは気にしませんか?」=窓開けてもいい?ってやつです。

 

→Yes! と答えると英語では「うん、気にする。(開けないで!!!)」の意味になります。

→No!と答えると「全然!(どうぞご自由にあけてくださーい)」です。

 

"You were not there, were you?"

「あなたそこにいなかったよね?」

→Yes!「はい、そこにいました!」

→No!「いいえ、そこにいませんでした。」

 

英語と日本語ではとらえかたが違うようで、上のようなへんてこりんな感覚に陥ります。

 

しかし。マラウイは日本語と同じ返し方をするようなんです!わかりやすい!いや逆にわかりにくい!

マラウィアンと英語で話していて、上のような会話になったとき、(この人は英語の正しい文法で話しているのか、または現地のチェワ語的発想で話しているのか、、?)と考えざるをえません。

 

YesとかNoそのものではなく、その後に続く文脈で判断できるから問題はないけど!

 

2. 女が料理すべきって共通認識

「言わずもがな」というべきか、当然のように女の人がごはんを作って男の人にふるまいます。同僚の家に遊びに行ったときとか、ミーティングが村であるときとか。。

 

私は(たぶん)フェミニストではないんですが、単に料理があまり好きではないので、フェミ論をふりかざして料理から逃れようとしています。笑

 

女性なら料理あんましないって言うだけで、悪評がたつこと受け合い!

 

 

3. 結婚すべき!って共通認識

なんか2と3は日本と同じというか、日本のおばあちゃん世代の気風が今もメインストリームって感覚でしょうか。

 

結婚してるの?何歳?30で結婚してない?!何事?!?!

 

というハラスメントを日々受けます。でも彼らに悪気はなく、それが当然だと思っているんです。日本のおばあちゃんたちとほんまに似てる!!

 

日本はそれを言ったのが職場の男の上司とかならせくしゃるはらすめんと~~って非難できる段階まで来てるけど、親類間の会話なら普通にでてきますよね。まぁ多かれ少なかれ日本でふつふつと抱いていた感情をマラウイでも全く同様に感じています。

 

4. 食べれば食べるほどいいと思ってる。。

日本の おばあちゃんももりもり食べるとそれだけで喜びますよね。逆にあんま食べないとそれだけで心配しますよね。

それです

 

 

図らずも2~4は愚痴めいたものになってしまいましたが、なんやかんやで同じ人間なんで、おいしいもの食べたら嬉しくて、親しい人が病気になったら悲しくて。シンプルですね。

 

1. みたいな発見ができたらおもしろいから、日々目を光らせてすごそうと思いまーす


f:id:locayrica:20171205212602j:image

マラウイの世界遺産と暫定リスト

世界遺産検定2級とって以降、何も有効活用してないので。マラウイ世界遺産についてメモしておきます。正式な日本語名は調べてません。

 

マラウイで登録されている世界遺産は2つ。

1 チョンゴニ岩の絵画地区

文化遺産

 

2 マラウイ湖国立公園

自然遺産!

 

あと、登録される候補になっている暫定リストには6つ。

 

①ムランジェ山生物圏保護区

②ニーカ国立公園

③クルビと関連ムボナ聖雨寺院群

(謎すぎる、、)

マラウイ奴隷の道とリビングストントレイル

⑤チルワ湖湿地

⑥ブワザ湿地野生生物保護区

文化遺産は③と④かな?‘’自然より文化派‘’な私としてはチェックしておきたい!

 

 

ミーハーなので世界遺産ってだけで少しテンションが上がります。実際、世界遺産に指定されると観光客の数も増えてお金いっぱい落としてくれるようになるだろうから、国の戦略としては大事と思います。

 

でも、こんな小さい貧しい国が他のでっかい強い国と肩を並べて自国のサイトを登録までもっていくっていうのはかなりの労力が必要なんだろうなぁ。。

 

参考:

 http://whc.unesco.org/en/statesparties/MW/

 

工夫と便利さと進歩と

具体例①
買ったケチャップの内蓋(っていうの?)の先っぽが明らかにデフォルトでつまってて、なんでやねーんと思いながら針とドライバーでなんとか貫通させた。

f:id:locayrica:20170920143244j:image

 

「先に穴を開けてください」的な表示があるかと思ってパッケージを眺めたけど、そういうのはなさそう。

家族に報告すると、「ハサミで先っぽ切るんじゃない?」と。ほう、なるほどね!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

具体例②
人んちいくたびに「お風呂どうやって入ってますか?」って聞かないかん。(どこに着替え置いたら濡れんとか、ここはサンダルはいてねとか)


f:id:locayrica:20170920143350j:image

シャンプーいれるかごも、服おくバケツも、ついでにトイレットペーパーホルダーも針と紐で自分で設置した。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

考えたこと

あらゆることに関して、「誰にでもわかりやすく、使いやすく」みたいな発想はない。全部消費者任せ。

 

逆に、日本は生産者がいろいろ負担しすぎる。おかしの箱のミシン目の開け方まで表示してあったり、電車の「傘など忘れ物にご注意下さい」だったり。

 

でもそれはよりよく、より快適に、他と差をつけてより売れるようにっていう工夫の先にあるものやけん悪ってわけじゃない。むしろ、だからこそ発展があったんだろう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『めんどくさがりが世界を変える』って中学校の数学の先生が言ってた意味が今更ながらなんとなくわかる。

 

具体例③
ぶつぶつおしゃもじが登場したとき、「うわーーーーほんまにおしゃもじにお米がつくっつかん!!!すごい!!」と狂喜乱舞したけど、いまやそれがおしゃもじのスタンダード。

f:id:locayrica:20170920143513j:image

 

マラウイで買えるものですら、これ!

 

誰かが「くっついた米はがすんめんどくさいなぁ、そもそもくっつかないようにするには、、?」と考え工夫した結果、技術が一歩前進したんだと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

具体例④
こっちの人は自分でれんがをつくって、組み立てて、セメントまぜて、家を建てる。日本じゃ考えられんけど、泥まみれになりながら、ご近所さんと一緒になって小さい子も自分の家づくりに参加する。

 

素人づくりなので、もちろん隙間だらけだったり脆かったりして不便。ただこっちの人はその不便さに慣れているので、何も変えない。親世代から聞いた技術をそのまま適用して、大きな改良や進歩はない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

具体例⑤
f:id:locayrica:20170920143625j:image

 

こっちの家の掃除は、ほうきがけじゃなくてモップがけがスタンダードだそう。いくら掃いても砂っぽくてげほげほだから。毎朝じゃぶじゃぶモップで二回通り拭く。

 

「め、めんどく(以下りゃ)」って思うけど、「私たちは小さい頃から教わって、これに慣れてるからね!^^(どや)」と現地人は胸を張るので何とも言えない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

便利さを追求しすぎて日本息苦しいな、人間は傲慢だな、もっとシンプルに生きようぜ、、って思っていたけど、マラウイに来てから少し考えが変わった。

 

不便さに慣れてみんな不幸のままでいるより、どんどん新しいことを試して工夫を積み重ねてみんなでハッピーを享受する方がいい!

 

後進国が不幸だなぁと思うのは、自分たち自身が工夫を積み重ねる過程を経なくても、他の国にすでに工夫されたものが存在して、その結果だけが見えてしまうこと。

 

「(もともとお金持ちだから、)先進国は途上国に援助すべき」というのは間違ってて、一歩一歩の積み重ねが産業革命やら情報革命やらでばーーんとおっきく飛躍して、もともと進んでいたように見えるだけ。


翻って個人について見ると。私個人がなにか創意工夫して技術の進歩に貢献したわけじゃない。たまたま先人が頑張ってきた国に生まれただけ。ほんで便利さを享受させてもらってるだけ。

 

だから、ホリエモンとかナツメグさんとかはあちゅうとか新しいことにわくわくして行動してる人はまぶしーーーかっこいいーーー!!って思う。

 

バリュー、生み出さないと!

 

Book Review『何者』と本事情少し

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

好き度: ★★★★☆


マラウイの田舎に本屋さんはほぼありません。首都でも、あったとしても商品ラインナップは聖書と学校の教科書のみ。。(^ω^)

バスの中や待ち時間(これでもかと待たされるその超長時間)でも、本を読んで過ごす現地人はみかけたことがありません。本を読む文化?習慣?はあまりないようです。

ですので。首都の事務所やドミトリーで山ほど紙媒体の本を借りてきています。次上京するときにまとめて返します。と同時に山ほど借ります。そういう流れです。

この「何者」に関しても、題名なんか聞いたことあるなーと思って手に取りました。


たぶん、100%著者の意図したとおりの感想を抱いているのですが笑、その衝撃や感じたことをメモ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


自分は自分にしかなれない。痛くてカッコ悪い今の自分を、理想の自分に近づけることしかできない。みんなそれをわかってるから、痛くてカッコ悪くたってがんばるんだよ。カッコ悪い姿のままあがくんだよ。」310

ぐうぃぃーーんとえぐられる展開の中で、すぽっ(死亡)となるのがこの台詞につきる、、!
たぶんこの台詞になにかを感じるということは、自分が悪あがきする努力を怠っていてやばと思っている、もしくは悪あがきを経験した人が激しく同意しているケースだと思います。自分の場合は恥ずかしながら前者です。


「あんたは、誰かを観察して分析することで、自分じゃない何者かになったつもりになってるんだよ。そんなの何の意味もないのに」309

「私たちはもう、たったひとり、自分だけで、自分の人生を見つめなきゃいけない。一緒に進路の先を見てくれる人はもう、いなくなったんだよ」

「あなたが歩んでいる過程なんて誰も理解してくれないし、重んじてない、誰も追ってないんだよ、もう」253

「十点でも二十点でもいいから、自分の中から出しなよ。自分の中から出さないと、点数さえつかないんだから。これから目指すことをきれいな言葉でアピールするんじゃなくて、これまでやってきたことをみんなに見てもらいなよ。254」

ぐさぐさぐさぁ。


どんなストーリーかわかってないうちから、この主人公の「観察眼」(というか朝井リョウさんの描写力?)がすごいなーー細かい動作から「想像」させるなーと呑気に思ってました。

例えば、これ。元恋人同士の光太郎と瑞月さんを含む数名のグループでいるときのひとこま。

光太郎が遠く離れたところにあるカルパッチョを箸でつまむ。口に運ぶまでにタレがぽたりと一滴テーブルの上に落ちた。瑞月さんが何も言わずにティッシュでそのタレを拭き取る。84


このね、ある程度の年月をともに過ごしたひと同士の阿吽の呼吸はね、こういう細かなところから察せれるんですよね、うんうん。


あと、

「ハイ、わたしの用事終わり」と理香さんはパソコンの前から立ち上がった。さあどうぞ、と言わんばかりに、グーグルの検索画面が用意されている。162

あるある。その画面は、I'm done. の目印みたいなもんだ。

でもその観察眼が、というか観察の鋭さだけを拠り所にして、もがこうとしない主人公にぐさぐさぐさーっと反撃がくるのが衝撃でした。

観察眼の鋭い人、尊敬するしおもしろいし好きですけどね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登場人物たちのツイッターの投稿が重要な要素なんですが、ほんま「今の世の中」を反映してるなぁというのが2番目の印象です。

すべての本やドラマって何かしら世相を反映しているんだろうけども、これは特に。
50年後にこの本を読んだ人は、わけがわからんと思う!!

脚注に
「*1 就活 ・・・ 就職活動の略。2015年当時主流であった新卒学生一斉採用のプロセス。リクルート等の斡旋業者の採用サイト経由で学生は各企業にエントリーし、合同説明会に参加、エントリーシート(通称ES)と履歴書を提出し、面接を経て内定に至るのが一般的な選考過程」
とか説明が加えられてそう!

「*2 ツイッター・・・インターネット投稿サイト。公開アカウントと鍵アカウントの併用など、一人が複数のアカウントを使用することも一般的であった。」
とかも(笑)



俺たちは、人知れず決意していくようになる。なんでもないようなことを気軽に発信できるようになったからこそ、ほんとうにたいせつなことは、その中にどんどん埋もれて、隠れていく。

光太郎が、成績証明書が必要になるくらいの段階にまで辿り着いていたことだって、ツイッターフェイスブックもメールも何もなければ、隠されていたような気持ちにはならなかったかもしれない。174

SNSって手段と目的を履き違えると大変なことになるよなーとつくづく思います。
かつて私もツイ廃と自称できるくらいツイッターにどっぷりつかってました。鍵アカが2つあって、ひとつは仲の良い友人のみ、もうひとつは一回会ったことがあるレベルのリア友を相互フォローしてて、小規模な方で愚痴やらなんやら吐き出しまくってました。

類は友を呼ぶ?のか、タイムラインに流れてくるのも友達の他人の悪口、仕事の愚痴とか。すごい負の感情の渦巻く環境でした(笑)

なにか愚痴ってないと本音をさらしてない、仮面をかぶっているから近づきにくい、みたいなキャラ付けになったんだろうか?詳しくは覚えてない(嫌なことはすぐ忘れる笑)けど、こんなに自分は大変だよ?みんなも不幸だよね?あーみんなも不幸ならもう少しがんばるかーみたいなカス思考でした。今文章にしてみてもぞっとする(笑)

パートナーの愚痴を匿名公開アカで垂れ流してて、それが発覚してもめたこともありました(笑)一時期「バカ発見器」と呼ばれたツイッターですが、私のリテラシーも低すぎでしたねー。いや人間性的にもひどかったし。ほんまダメエピソード山ほどあるなーー笑えない。


自分の話になってしまったけど、本や映画を楽しむときは、その時代背景も勉強しつつ楽みたいなーと思った次第です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現代の就活プロセスを人並みに経験した私としては、事前に話してなかったのに面接会場で鉢合わせ、とか一方的に見かけて"しまった"ときのなんとも言えないきまずさだったり、ツイッターで内定でたってつぶやいてる友達におめでとうと素直に言えなかったり、あったあったと思い出されました。

もう経験したくないなぁという就活の思い出。避けれんけど。学生時代よりはメンタル強くなってるはずやけど。TAKE IT EASYですわ。

電気製品以外のもので初めて日本製品みっけた

家にひとつは欲しい接着材。

マーケットに買いに行ったら、「Material from Osaka, Japan」の文字がみえたので、迷うことなく購入。

f:id:locayrica:20170915164728j:plain

会社名がSTICKO、Super Glue がシリーズ名なのかなんなのかよくわからんくて、ぐぐってもそれらしいのが出てこない。。どこの会社なんだろか!

70クワチャ(10円)なので、期待はせずに使ってみようと思いますー