読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外飛び出すことになったブログ

やっと海外行きが決定しました。ミーハーな海外フリークがthinkとdoをこつこつ記録します。

i pod touch(第4世代)の画面が死んだので応急処置した。修理ツール買って直す宣言!

長らく(2010年から7年間) 愛用してきたi pod touch 第四世代 32GB 黒 がついに死を迎えました。

 

ただ、この「死」というのもドラクエでモンスターに殺されてHPが0になったのと同義で、教会で復活可能な状態であるはず!

 

今のありさま。

f:id:locayrica:20161016191442j:image

コンクリートに落として画面が割れるという全世界で何億人が体験したのだろうという典型的なアクシデント(悲)

 

さてはてどうしよう。お金かけたくない、でも音楽とpodcast用にiphoneとは別にハードもっていたい、、

     みかぎってしんぴんをかう

     しゅうりにだす

▶︎ しゅうりをする

 

自分で修理しよー٩(^‿^)۶ 

 

ネットで調べたら日本語サイト、英語サイト、山ほどhow to repair情報が出てきました。修理キットもAmazonで売ってます。こういうときこそメジャーな商品のありがたみ感じるなぁ。

 

てことで一旦は応急処置、セロハンテープ!!

 f:id:locayrica:20161016193142j:image

セロハンテープ、ちらりと見えるでしょうか?

修理においてはまったくのど素人かつ不器用で、復活不可能な「死」になる可能性もあるけどチャレンジしてみまーす。自分で直す宣言!

 

i pod touch。スマホがまだ普及していない時代からappleのさくさくを享受させてもらっていました。みんながしゃかしゃかiphoneを手にし始めてもガラケー+touchで硬派を気取ってました。スマホがなくともwifiに接続できるので、海外でも安心感はんぱなかった!2011年、ドイツで紛失騒動起こしたときは心にぽっかり穴があいたようでした。OSがずんずんアップデートされる中、この子じゃスペックが、、と悩む時期もありましたがicloudにも対応するなど使い勝手はずっと満足でした!そんな思い出のこのi pod touch。無事直るといいな!

 

それではまた。